SOÑANDO CON COLOMBIA

Ask me anything   Diario de una japonesita loca a la que le gusta mucho Colombia..

twitter.com/allita79:

    freundevonfreundentravel:

Arguably the cutest animals in the world. Alpaca in Peru.
Photography: Olivia Rae James

    freundevonfreundentravel:

    Arguably the cutest animals in the world. Alpaca in Peru.

    Photography: Olivia Rae James

    — hace 5 días con 63 notas
    "Every book, every volume you see here, has a soul. The soul of the person who wrote it and of those who read it and lived and dreamed with it. Every time a book changes hands, every time someone runs his eyes down its pages, its spirit grows and strengthens."

    Carlos Ruiz Zafón, The Shadow of the Wind (via bookmania)

    カルロス・ルイス・サフォン作『風の影』の中の一節ですな。

    この本を読んだのは、もう10年近く前になるんですが、その頃はスペイン語も知らなくて(この本は元々スペイン語がオリジナル:原題はSombra del viento)、日本語訳もまだ出てなかったから、仕方なく英語で読みました。

    確かトランジットで立ち寄ったダラスだったかヒューストンだったかの空港で購入したのですが、レジに持って行ったらお店の人に、『この本めちゃくちゃいいよ〜、おすすめ!』って熱く言われたのを覚えてます。

    読み出したら止まらなくて、3週間ぐらいで読み終えたような。小さい頃に、すごく面白い本に出会うと、早く結末が知りたいけど、本が終わってしまうのが寂しいくらい夢中になったものだけど、この本はそんな感覚を思い出させてくれる作品でした。

    舞台は内戦が終わって数年後のバルセロナ。古書店を経営する父を持つ10歳の男の子が思春期を経て恋や友情を経験していく話ですが、本をめぐるサスペンスの要素もあってぐんぐん引き込まれます。著者は児童文学もたくさん書いているようで、子供でも楽しく読めるんじゃないかなと。

    バルセロナ・ゴシック地区の昼間でも薄暗いような灰色の空気感を持った小説。キーとなるのが、『忘れられた本の墓場』。持ち主を失った本が集められ守られている場所ですが、上の一節は、そこにある本について説明したもの。美しい一節です。


    ここにあるすべての本には魂が宿っている。その本を著した人の魂、その本を読み、物語を行き、夢見た人の魂だ。所有者が変わるたび、誰かがページに目を通すたび、本に宿る魂が成長し、強くなるんだ。


    日本語訳も出ています。上のようなへなちょこ訳じゃなくて、もっと美しい文章になっているので、ぜひご一読を。

    — hace 11 meses con 4850 notas
    #風の影  #  #sombra del viento 
    ほっこり感動できる暖かい映画/オーケストラ!

    最近観た映画の感想をばひとつ。。

    『オーケストラ!』(Original: Le concierto) 2009年/フランス


    久しぶりに映画を観ながら声を出して笑うという経験をしたので。

    いわゆるアメリカのコメディとは全然違うタイプ。フランス映画の独特な笑いの世界観て好きだな〜と思わせてくれました。フランスという国も私が出会ったフランス人もなかなか理解しづらいものがありましたが、舞台がロシア半分、フランス半分。登場人物はほぼロシア人ってことも理由かもしれません。

    〜ストーリー〜

    主人公は、ソビエト連邦の共産主義ガチガチだった時代に、当時の政権に反抗し、天才指揮者でありながらボリショイ交響楽団の指揮者の立場を奪われ今は同劇場の清掃員として働くアンドレイが主人公。

    偶然パリの劇場からの出演依頼を劇場の支配人よりも先に知って、ボリショイ交響楽団になりすますことを計画してしまう。

    彼同様楽団を追われた元団員たちと、偽のボリショイ交響楽団を結成し、30年前の因縁の曲チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を演奏することができるのか。。。

    ***************

    全編通して溢れる音楽がとにかく美しくて、テンポよく進んでいきます。

    前半に描かれる今のロシアは、ソビエト連邦崩壊後の今をデフォルメしてるんだろうな〜って思いました。救急車を私用で使いまくってるところとか、建物の荒れっぷりが半端じゃないところとか、少しの間住んだことのあるキューバを思い出しました。

    登場人物の一人一人も、とっても暖かい目線で描かれていて、なんだか、人間ってわがままで自己中心的なもので、だからこそ共産主義は成立しないのかもしれないけれど、それでも愛すべき存在に感じさせてくれました。

    この映画に魅力を感じる理由はおそらく米国映画のように、共産主義=悪っていう描き方ではないところ。登場人物の中に、共産主義万歳の人が出てくるけれど、やっぱり暖かく人間らしく描かれていて、人にはいろいろな信念や主義や理想があって、みんなそれに向かってまっすぐにいきていける世界が良いんだろうなって考えさせられるのです。


    物語の伏線が結構最後に驚きの結末を向かえるのですが、そこまでが少しダレた感じがあったのが、残念といえば残念。

    それでも最後の演奏シーンはトリハダが立ちました。

    でもでも、個人的に一番笑ったシーンは、おばちゃんが編み物をしながら、ポルノ映画のアテレコしてるところ(笑)そんなアホな〜って突っ込みながら観れる映画で、ほっこりしたいときにおすすめです♫

    — hace 11 meses
    #オーケストラ!  #映画 
    bookmania:

Black Cat on Books, an oil painting by Anna Hollerer

    bookmania:

    Black Cat on Books, an oil painting by Anna Hollerer

    — hace 1 año con 1305 notas
    bookmania:

Largest Law Library Building in the World. Gothic-structured University of Michigan Law Library has a 50-foot cathedral ceiling, huge stained-glass windows, oak wainscoting, and cork floors. Renovation in the 90’s added more spaces for books containing for up to 475,000 volumes. The Jackier Rare Book Room alone shelves up to 25,000 volumes of old books! (Photo by Dominic Bow)

    bookmania:

    Largest Law Library Building in the World. Gothic-structured University of Michigan Law Library has a 50-foot cathedral ceiling, huge stained-glass windows, oak wainscoting, and cork floors. Renovation in the 90’s added more spaces for books containing for up to 475,000 volumes. The Jackier Rare Book Room alone shelves up to 25,000 volumes of old books! (Photo by Dominic Bow)

    — hace 1 año con 1683 notas
    "I like to see people reunited, I like to see people run to each other, I like the kissing and the crying, I like the impatience, the stories that the mouth can’t tell fast enough, the ears that aren’t big enough, the eyes that can’t take in all of the change, I like the hugging, the bringing together, the end of missing someone."
    — hace 1 año con 3264 notas